メニュー
【食品包装袋.com】業務用・製造者様向け、食品用の袋の専門サイト

食品急速冷凍用ポリ袋で売上増

真空用三方シール袋の活用事例

東京都内でとある食品を店頭販売していらっしゃる
K社様の事例をご紹介します。

K社様ではある食品を店頭で販売していらっしゃいますが、
店頭の販売以外にも売上を増やす方法がないかと
思案していらっしゃいました。

そこで思いついたのが、持ち帰りや、贈答用にするということでした。

そのためには、賞味期限の問題をクリアする必要があります。
まずは他の都道府県に発送できるように、脱気包装して
冷凍してみたところ、風味が落ちないと好評価だったのです。

しかし、問題があり、脱気包装した後に冷凍すると、
場合によっては袋に穴が開いていることがありました。
冷凍されるとフィルムが硬くなりやすいため、
接触などがあるとピンホール穴が開きやすい課題がありました。

そこで、当社からのご提案として、真空包装用のポリ袋の
なかでも最も柔らかいXシリーズをお勧めしました。

Xシリーズは非常に柔らかい特徴があるのです。

そのため、冷凍時にもピンホール穴が開きにくく、
また、柔らかいことで、食品へのフィット性もよくなり、
風味の保持効果も高いということで大変喜んでいただきました。

その後、「持ち帰り用」と、「配送用」の商品が
展開され、順調に売上が増加しているとのことです。

お力になれて私どもも大変嬉しく思っています。

今回ご紹介の製品はこちら 「真空用三方シール袋」
http://foodpoly.com/list/d3.html