メニュー
【食品包装袋.com】業務用・製造者様向け、食品用の袋の専門サイト

用語解説 --- ナイロンポリフィルムについて

ナイロンとポリエチレンのラミネート袋

最も汎用的なのはナイロンとポリエチレンのラミネートです。
一番よく知られているのは、お肉の真空パックや漬物の真空パックのような
食品用のものではないでしょうか。

袋の外面がナイロン、内面がポリエチレン、という組み合わせは主に
食品の真空包装(真空パック)に使用されたり、電子部品の防湿・酸化防止包装に
使用されたりしています。

ナイロンはポリエチレンと比べて酸素透過度が低く、中身の酸化防止が図れるんですね。

しかし、ナイロンフィルムは耐熱温度が高いため、ヒートシールができない
という弱点があるんです。ヒートシールができませんので、ナイロンフィルム単体では
袋を製造することはできません。

逆に、ポリエチレンフィルムはナイロンフィルムと比べ、防湿能力に優れています。
また、融点が低い(80~100℃)ため、熱加工性が良く、ヒートシールに適しているので、
シール強度が高くできる利点があります。

このように、ナイロンとポリエチレンのラミネートフィルムは相互の長所を活かすだけでなく、
苦手な部分を補完しあっている組み合わせなんですね。

また、ナイロンフィルムは強度に優れ、透明度も高いという特徴もあり、
ラミネートフィルムの強度を高める際には、ナイロンフィルムを二重に
ラミネートすることもあります。

二重にしても、透明度が損なわれないという利点があり、フィルムの強度アップ、
酸化防止能力アップのために、ナイロン層をダブルにするラミネートフィルムも人気です。