メニュー
【食品包装袋.com】業務用・製造者様向け、食品用の袋の専門サイト

用語解説 --- ボトムシール袋とは

ボトムシール袋について

筒状のフィルムを作り、底の部分をシールしている袋のこと、
またはそのシール方法のことです。

「底シール袋」「ボトムシール袋」はどちらも同じ形態を指します。

ポリ袋・ビニール袋の作り方のひとつに「インフレーション方法」というものがあります。
インフレーション方法では、最初に筒状のフィルムを作ります。

仮に、厚さ0.05ミリ×幅150ミリ×長さ300ミリの袋を製造しよう
とする場合、この筒状のフィルムの厚さを0.05ミリ、
筒の円周が300ミリ(150ミリ×2)となるように成型します。

インフレーションで成型された筒状のフィルムはそのまま二つ折り形状で巻き取られ、
厚さ0.05ミリ×幅150ミリのチューブが出来上がります。

このチューブを袋の長さである300ミリずつにカットし、
底を熱シールで溶着して袋の形状にします。

この方法を「ボトムシール方式」と呼んでいます。