メニュー
【食品包装袋.com】業務用・製造者様向け、食品用の袋の専門サイト

用語解説 --- レトルト殺菌とは

レトルト食品の製造方法

レトルト袋に食品を入れただけでは、
残念ながらレトルト食品にはなりません。

一般には「レトルト食品」という名称で知られている食品は、
レトルト殺菌を施し、長期保管を可能にした商品です。

レトルト殺菌とは専用の機械(レトルト釜)を使用し、
120℃から130℃程度の高温の蒸気を包装後のフィルムに吹き付ける殺菌方法で、
高温加圧殺菌と呼ばれることもあります。

専用の機械(レトルト釜)は、設備レベルの規模・価格になってしまいますので、
簡単にご用意できるようなものではありません。

そのため、一般的にはボイル殺菌(湯煎)をされているお客様が多いです。