メニュー
【食品包装袋.com】業務用・製造者様向け、食品用の袋の専門サイト

食品包装袋とは? --- 真空用の袋について

真空パック用ビニール袋

特に食品を包装する場合、真空包装を行う場合が多いです。
真空包装は、袋内を脱気することで酸素・水蒸気を激減させることによって
食品の酸化や変質を遅らせる効果があります。

一般的なポリ袋やビニール袋で真空包装を行うと、
フィルムのバリア性が十分ではないため、徐々に酸素や水蒸気が
フィルムをすり抜けて内部に入ってしまいます。

しばらく時間を置くと、真空包装ではなく通常の包装のような状態になってしまいます。

そこで、真空包装用としては、水蒸気や酸素を通しにくい、
ナイロンとポリエチレンを貼りあわせたフィルムを使用します。

袋の形状も、底シールタイプと三方シールタイプがあります。
形状によって真空の度合いなどが変わるということはありません。


また、食品包装以外にも、電子部品や精密機器が
袋の中で動いてしまわないよう固定目的で真空包装を行ったり、
サビ防止の観点から脱気包装を行うこともあります。

より高いバリア性が必要となる場合には、
ナイロンとポリエチレンの他に、バリアナイロンやEVOH樹脂、
アルミ箔やシリカ蒸着などのハイバリアフィルムを使用します。